28年10月3日 最近の出来事

こんにちわ!!
10月です、食欲の秋です。
食べ物もおいしい時期です。
おいしいキノコが食べたい。

9月は色々なことがありあっというまでした。
精神的に疲れた1ヶ月でした。
その原因ともいわれるものが少しいい方向に向いてきたのでご報告を、、、、
我が家ではキタニシキハコガメを繁殖しています。
今まで病気知らず、、ニシキは弱い、在庫で置いとくと落ちるから早く売っちゃわないと
とかたまに聞きますが、これほど飼い易くガツガツ餌を食べるカメの何が難しいんだ??

と思っていましたが、、、、

どうにもこうにもならない出来事が起きてしまいました。
f0211464_15535339.jpg

4匹のうち3匹は今年たくさん子供を孵してくれた優秀なメスたちです。
右端にいるのは今年の夏に新たに迎えたメスです。

はじめ2匹が目をあけない鼻水、口から泡を吹くような症状
続いて残りの2匹が4日後あたりに同じ症状。

今思えば餌食いも徐々にいまいちだった気がする、
ただ涼しくなった時もあり温度の問題かなと思っていました。
それが早期の症状だったのかもしれません。

もちろんすぐ獣医に連れていきました。
フンからはなにもでず、ウィルス性の感染症の疑いがあるとのこと
4匹まとめて飼っていたので1匹のカメの唾液、鼻水からすべての個体に感染したのではないかと

f0211464_1644152.jpg

薬を処方されました。

ここからがさらなる問題です。
餌は左端の個体は口を刺激すると威嚇してあけるので牛ハツに薬をまぶして
放り込むと飲み込むのでよかったのですが

残りの三匹はまったく口を開けません。
ツベルクリンのシリンジにスーパーレプトミンをふやかして薬と一緒に強制的に口をこじ開け
いれましたが吐き戻してしまいます。
余計な体力を使い余計弱らせてしまうのではないかといった状況でした。
ていうかすでに動きも悪くニシキ特有のキビキビした動きでなく、なんか生きてるのか死んでるのか
よくわからない、ただ呼吸をしているモエギハコガメのような状況でした。

そんなわけで威嚇して口をあける個体以外の3匹にチューブをとりつけ強制的に餌と薬を送り込む
ことにしました。
f0211464_1616382.jpg

こんなかんじ。

f0211464_16161621.jpg

直接胃にチューブが入ってます。
なかなか痛々しいです。
ふやかしたモンキーフードを七粒と薬を入れて
10ccのシリンジでギュツといれ、そのあと4ccほどぬるま湯を
ながして送り込みます。チューブにまだ餌やぬるま湯が残っている場合、腐敗が怖いので
空気を最後にいれて確実に胃に送り込みます。
薬は2日に1回ですが強制給仕は毎日行っています。

この治療を続けて2週間弱が経ちましたが、なんとか回復に向かっているように見えます。
目もよくなり、鼻水も、泡もでていません。

4匹ともコオロギは追いかけて食べ、左から1番目と2番目の個体は自分でモンキーフードを食べるほどまで回復してました。
が本調子ではまだないようです。
一時はあっみんな死んじゃうかな、、、だめかな、、と思ってました。
ほんとに動かねーし、、目は腫れてて、、、
よくカメは生きながら内臓が腐っていくとか聞いたことあるから、もうすでに腐ってるのかな
と思い匂いまで嗅いだりしてました。

まだ油断はできませんがいい方向に向かっているのでブログにて報告させていただきます。
同じ症状の方が自分のブログを見て頂ければと思います、、、

ちなみに確実に回復するまでチューブはつけっぱなしです。

チューブを外すことになっても今年は冬眠させず、加温して様子を見ていく考えです。

とりあえず報告は以上です。

少しですがご紹介です。
f0211464_16321745.jpg

モリイシガメ
追加でやってきました。
一応明日も3匹やってきます。

今年は全然足りませんでした、、、

f0211464_16471732.jpg

とてもきれいになりそうなトウブハコガメです。
細かい柄すでに入り、甲羅がもうすでに赤いです。笑

f0211464_1648169.jpg

腹甲も赤い

f0211464_16481947.jpg

手も顔も赤いです。

なかなか楽しみな個体です。

別血統
f0211464_164936.jpg

まだ小さいのにすでに黄色の柄が初めています

f0211464_16493710.jpg

こちらは手がべっとりと黄色です。

今年はすでに2匹自宅に連れて帰りましたが、今回の個体も売れ残れば、、、、

などと考えてます。

f0211464_16503675.jpg

ブラックガルフコーストハコガメ アパラチアコーラ個体群
以前もご紹介しましたが、みるみる柄が出てきたので再度ご紹介
めちゃめちゃ綺麗になりそうで将来楽しみな個体です。

f0211464_16523849.jpg

ジャイアントゲッコー ヘンケリー

どうしても欲しくて卵の状況からしつこく何度も迫り口説き落としたジャイゲコです。
兄弟が我が家にいますがとても細かい柄が入り綺麗な個体に仕上がっています。

f0211464_16552637.jpg

キンカジュー、さらに一回り大きくなりました。
とりあえず爪が痛かったのでパチパチ切ってやりました。
夜行性だしガキンチョだしってとこで寝てばっかですがクリクリおめめがとてもかわいいです。
まだ名前考え中。
[PR]
by oobana | 2016-10-03 16:35 | Comments(2)
Commented by taka at 2016-10-03 21:32 x
抗生物質と整腸剤?ですかね。レントゲンとかは撮られましたか?
クサガメが似たような症状になりシリンジにチューブを付けて抗生物質を投与していたのを思い出しました。

Commented by oobana at 2016-10-03 23:31
こんばんわ!
レントゲンはチューブが胃に到達しているかの確認のときに撮るそうです 肺炎にはかかっていませんでした。